トップメッセージTop Message

新しいことに拒否感のない人、
向上心を持っている人にぜひ興味を持って欲しい

クボタ環境サービス株式会社
代表取締役
三谷 博德

私自身のベース

私は当社の親会社(株式会社クボタ)で37年ほど勤めてきました。人事や経理など間接部門での仕事が長かったのですが、2002年に環境事業部門に異動しました。2006年にクボタから当社に出向し、2011年まで経営企画や総務の仕事をしてきました。仕事の中身は間接部門業務であることに変わりないのですが、より現場・顧客に近いところで仕事ができました。これが私にとっての大きな変化点であり、今のベースになっていると思います。

「正直」ということ

会社という組織の中で仕事をする上で大事なことは、嘘をつかないこと、事実を事実として認識して、情報をきちんと周囲と共有していくことだと思います。
技術面でこういうことが得意だとか、営業でお客さんと接するのが得意(苦手)だとか、一人一人の得手不得手はあると思いますが、事実・事象に関して正面から向き合うこと、正直であることが非常に大事だと思っています。

組織というのは人の塊ですので、どうしても人間模様というのが影響します。そのような中でも、風通しが良く働きやすい職場であること、個性を発揮することができる、言いたいことが言えるという風土を今まで以上に大切にしていきたいと考えています。そしてそれは会社の姿勢ですから、社長である私が明確に宣言することが大事だと思います。上司に話がしにくいというような状況は、基本的には上司が解決しなければいけない。しかし、上司がそういう状況に気づかないケースも多いので、より上位者である部長、事業部長、そして社長が責任をもって話しやすい雰囲気づくりをしなければいけないと思っています。

新しい取り組み、人材育成、そして進化

当社は、クボタの環境事業のアフターサービスを担当する会社として1976年にスタートしました。事業分野としては、浄水場、下水処理場、し尿処理場や埋立処分場浸出水処理などの水処理分野及びごみ焼却、リサイクルという固形廃棄物分野があります。クボタグループ内の役割分担として、浄水・下水を除く水処理分野と焼却リサイクル分野については、プラント建設からアフターサービスまでを当社が受け持つようになりました。
今ではプラントの建設から運転管理、設備の維持管理まで全てやりますという、オールインワンスタイルの事業を行なうようになりました。今後そのスタイルをより高めていく必要があると思います。もともとあったアフターサービスの会社というイメージから、プラントメーカーとしての立ち位置をもっと前面に押し出していきたいと考えています。

プラントメーカーという意味では当然、プラントの設計、設計の源となる技術が重要です。クボタグループとして親会社クボタの研究開発部門と連携して新たな技術開発を行なっていくということが必要だと思いますし、今後は当社でそういう部分も行えるようにする必要があります。そのための人材も必要ですので、育成のプログラムを充実させるよう力を入れています。

成長のカギは向上心

新しいことに拒否感のない人、向上心を持っている人にぜひ興味を持って欲しいですね。向上心があれば自分自身も周りとの関係も必ず進化していけるはずです。誰にも得意分野、不得意分野はそれぞれあると思いますが、それをどうやって克服していくのか、あるいは自分の強みをより伸ばしていけるか。自分自身がより高みを望むという気持ちを持っていれば、きっとうまくいくと思います。