Special早わかりクボタ環境サービス

  • 会社について
  • 会社の想い
  • 数字で見るクボタ環境サービス

会社についてAbout Us

水ビジネス・環境ビジネス業界の中でのクボタ環境サービス

環境プラントを通して
人々の暮らしを豊かにしていくことが私たちの使命です。

現在、世界の「水ビジネス」は100兆円を超えると言われていますが、その中における日本企業のシェアは1%にも達していません。一方で日本の高い技術力、とくに海水を淡水にするための処理膜技術や、水処理施設の設計・建築・運用技術は世界的にも高く評価されていて、世界各国の水事業プロジェクトに商社を中心とした組織体で進出し始めています。

また環境省の調査では、国内の「環境ビジネス」の規模は104兆円超に上り、その定義は、「環境汚染防止」「地球温暖化対策」「廃棄物処理・資源有効利用」「自然環境保全」の4つの分野に分けられています。これは国連が定める持続可能な開発目標(SDGs)のテーマにも直接的・間接的に関わっている、これからの社会に欠かすことのできないビジネスなのです。

こうした背景に対しクボタグループには、取水から排水までを網羅した製品や技術で、130年以上にわたって水関連事業に取り組んできた実績があります。近年は、100年以上使用可能な耐震型ダクタイル鉄管の開発や、世界的な水不足を解決するための水資源の再利用技術の開発などを行い、社会課題と向き合っています。蓄積されたノウハウや技術で、他社との差別化を図り、グループ全体で、トータルソリューションの提供を行っています。クボタ環境サービスは、クボタグループの一員として水ビジネス、環境ビジネスに携わり、水処理、廃棄物処理の各事業で、豊かな社会生活づくりに貢献しています。

クボタグループの水・環境事業
株式会社クボタケミックス
株式会社クボタ建設
クボタ浄化槽システム株式会社
クボタ化水株式会社
クボタメンブレン株式会社
クボタ機工株式会社
クボタ環境サービス株式会社

事業展開

私たちは、浄水場、下水処理場、汚泥再生処理センター、
ごみ処理施設など各種プラントに、
最適なオペレーションとメンテナンスを提供しています。

1976年の創業から、水処理並びに廃棄物処理事業の分野で、環境プラントの運転管理、補修・整備・改造工事を手掛けてきました。現在はそれらをベースに、設計、建設にも事業領域を拡大し、プラントの川上から川下に至るまでの全ての工程を請け負うトータルエンジニアリング企業として、お客様毎のニーズに適したサービスを提供しています。
生活に必要不可欠な水道水を供給する「上水」、生活排水や工業排水を浄化する「下水」「し尿・汚泥再生処理」、廃棄物の埋立地から排出される汚水を処理する「浸出水処理」、ごみ処理を行う「焼却」「溶融」「リサイクル」など、幅広い分野でのソリューション提供や、「破砕機」の製造まで、私たちの暮らしになくてはならない事業を展開し、地域社会の発展と地球環境の保全に貢献しています。

クボタ環境サービスの事業フィールド
水処理事業
廃棄物処理事業
EPC/O&M

EPC:「Engineering, Procurement and Construction」の略で、プラントの設計・調達・建設を一貫して行うこと
O&M:「Operation&Maintenance」の略で、プラントの運転管理、補修・設備・改造工事を行うこと

会社の想いPhilosphy

スピリッツ(私たちの精神・姿勢)

  • 一、総合力を生かしすぐれた製品と技術を通じて社会の発展につくそう
  • 一、会社の繁栄と従業員の幸福を希って 今日を築き明日を拓こう
  • 一、創意と勇気をもって未知の世界に挑戦しよう

1890年、19歳で鋳物業を開業したクボタグループの創業者・久保田権四郎。
「やればできる」「失敗を恐れるな」の信念で日本で初めて水道管の国産化や農業の機械化を実現し、社会の発展に貢献してきました。
「国の発展に役立つ商品は、全知全霊を込めて作り出さねば生まれない」
「技術的に優れているだけでなく、社会の皆様に役立つものでなければならない」
クボタグループは、この創業者の信念とともに3つのスピリッツを継承し、グローバルに事業を推進、真に社会から親しまれ求められる企業グループで在り続けます。

ブランドステートメント(私たちの約束)

「For Earth, For Life」

クボタグループは、美しい地球環境を守りながら、人々の豊かな暮らしを
これからも支えていくことを約束します。

ミッション(私たちの使命)

人類の生存に欠かすことのできない食料・水・環境。
クボタグループは、優れた製品・技術・サービスを通じ、
豊かで安定的な食料の生産、安心な水の供給と再生、
快適な生活環境の創造に貢献し、地球と人の未来を支え続けます。

世界は今、人類が生きていくために不可欠な食料・水・環境の分野で多くの課題を抱えています。
それらは個別の問題ではなく、すべてが密接に結びついています。
人口の増加は、環境に大きな影響を与え、水資源に問題をもたらし、食料の供給不足へとつながっていく。
クボタグループは、食料・水・環境を一体のものとして捉え、その課題解決に貢献します。

クボタ・グローバル・ループ=「食料・水・環境」の関係

「食料」「水」「環境」は個別のテーマではなく、密接に結び付いたテーマ

求める人物像

求める人物像
  • やり抜く力
  • 自ら考えて行動する力
  • 好奇心旺盛

「地球環境の未来をつなぐ」という事業を展開していく中で、地域に根差し、日本の生活インフラを守っていくことが当社の使命であり、社会貢献であると考えています。そのミッションを果たすために、「やり抜く力」「自ら感得て行動する力」「好奇心旺盛」という3つの要件を大切にしています。

数字で見るクボタ環境サービスIn Numbers

売上高の推移

※44期(2019年)は大型案件受注により大幅増

業種・分野毎の売上比率

従業員数の推移

年間所定労働時間

1920時間

(1日8時間労働に換算すると年間125日休日があります)

平均有給取得日数

11.6 日/人

平均残業時間

総合職(営業職、施工管理職、設計職 他):

25.6H/月

(4-6月:22.2H、7-9月:23.6H、
10-12月29.0H、1-3月27.5H)

維持管理職(運転管理職):

7.8 H/月

平均年齢(正社員)

41.1

資格取得支援数

120 種類以上

※受験・受講費用の負担、
試験合格時一時金の支給
(5,000円~100,000円)など